研究助成事業

研究助成事業

骨粗鬆症財団では、定款第3条に定める目的に従い、骨粗鬆症に関する臨床的研究に対し、研究助成金を交付しています。

助成金の概要は以下のとおりです。

助成金概要

助成金 骨粗鬆症財団研究助成(アムジェン株式会社協賛)
対象内容 骨粗鬆症に関する臨床研究(但し、ロモソズマブ、デノスマブに関する研究は除く)
募集資格 日本国内での臨床研究で未発表のものとする。ただし、同一の研究室・講座・診療科への交付は原則1件とする。また、過去に本助成を受けた場合はその研究助成の報告書を提出していること、2018年度及び2019年度に財団からの研究助成金の交付を受けていないことを条件とする。
募集時期 7月1日~8月31日
助成件数 最大10件
助成金額 1件あたりの上限金額 1,000,000円
助成期間 原則1年間(1月~12月)
選考委員 石島 旨章(順天堂大学大学院医学研究科整形外科運動器学講座 准教授)
小川 純人(東京大学大学院医学系研究科加齢医学講座老年病学 准教授)
寺内 公一(東京医科歯科大学女性健康医学講座 教授)
林 泰史 (原宿リハビリテーション病院 名誉院長)

※なお、当財団が公募・助成する「研究助成(臨床研究・基礎研究)」は以下の通り公正な公募で行われています。

  1. 当財団が行う研究助成は、不特定多数の者の利益の増進に寄与することが主たる目的です。
  2. 公募対象となる研究課題は、特定の医薬品等製造販売業者の医薬品等に限定されていません。
  3. 公募対象となる研究者等は、特定の研究者又は特定の医療機関に限定されていません。
  4. 当財団の研究助成は、あらかじめ推薦・任命された選考委員によって公正な選考審査が行われています。
  5. 当財団の研究助成の選考に関わる選考委員は当領域の専門家で構成されています。
  6. 当財団の研究助成にて選考され、助成金を受領となった対象者とその研究課題はホームページ上で公表されます。
  7. 当財団の研究助成によって実施された臨床研究の成果については、ホームページ上で公開されます。